大人ニキビには洗顔・油断ち

思春期からずっとニキビを気にする毎日は嫌なものです。
特に大人になると、女性であればお化粧をし始めるため、お化粧でニキビが少し隠せる反面、それが原因でニキビができてしまったり、スッピンにいっそう自信が持てないコンプレックスの元になったりもします。
大人ニキビの原因は、いったい何なのでしょうか。

【大人ニキビの原因1:カロリー・脂質の摂りすぎ!】
大人ニキビに悩む人の食生活は、エネルギーの消費率が高かった思春期と同等かそれ以上であることが多いです。
大人になって部活やサークルもなく、1日中座り仕事をしていながら、思春期と同じかそれ以上のカロリーや脂質を多く含む食品を、口にしている可能性があります。

収入があるため、ランチや外食先で、自由に脂質の多いコッテリした味付けの濃い食べ物や、デザート、飲み物をふんだんに口にしているはずです。
体が消費できなないでいるカロリーや脂質は、肥満とともに大人ニキビとなって表れます。

【大人ニキビの原因2:顔が汚れており悪玉菌が繁殖している!】
大人になると、それまで過ごしてきた環境とは違う人ごみや交通量の激しい環境に身をおくようになります。
女性ならお化粧もし始めます。
目に見えない埃や粉塵など、想像以上に雑菌が肌に付着するうえ、顔を手で触る機会も多いかもしれません。
以前なら昼や夕刻に洗顔できた肌も、メイクと皮脂や汗、汚れを付着させたまま終日過ごすことになり、皮膚の上では悪玉菌が大繁殖しています。

入浴時の洗顔だけで夜就寝前の洗顔を怠ると、皮膚に汚れが残ったままとなり、夜寝ている間に大人ニキビを発生させる原因となっています。

【大人ニキビの原因1:肌に合わない化粧品を使用している】
敏感肌やアレルギー体質であることの自覚がなく、肌に合わない化粧品を使用して大人ニキビの原因を作っている場合があります。
現在販売されている大手メーカーの化粧品のほとんどは、アレルギーテストが使用された安全性の高い物がほとんどですが、可愛い理由でプチプラコスメを使用していたり、アレルギー反応がかすかなため、パッチテストで反応があまり認められなかったりと、本人の体質や使用環境は様々です。
肌が不調な時は、基礎化粧品だけでも敏感肌用に変えて見ると、その後の様子で何がいけなかったのか判明する場合もあります。